Internal medicine

早めに薬を飲む

リウマチの治療方法について

リウマチは遺伝病であると言われています。しかし実際のところほとんどが環境に起因する病気です。確かに遺伝的になりやすいですが、それほど依存する病気ではありません。 リウマチになりやすい患者さんは女性の中年以降の方です。 初期症状の特徴として朝のこわばりです。朝起きて数分関節が痛いが、少し動くと痛みがなくなり忘れているというものです。 冷水により冷やされることが炎症の刺激になるため、華道家などに多く見られます。 治療方法は薬によるものや、手術により無理やり正常に近い状態にする方法がありますが、一度進行すると元に戻ることがない進行性の病気です。 よってリウマチだとわかったらすぐに薬を用いて治療することが楽に余生を過ごせるコツです。

薬による治療代は高い

リウマチの治療薬はドラックストアなどで簡単に購入できるものはありません。 よって何か月かに一度、検査も兼ねて病院に通院しなくてはなりません。 薬自体は一部ジェネリックが発売されていて安くなりますが、病院代は変わらないため、一年ではかなり高額な費用がかかります。 薬も一般的に使われているものは抗炎症薬と低用量の抗ガン剤です。 抗ガン剤と聞いてびっくりするかもしてませんが、低用量の抗がん剤は免疫細胞を抑えることができるため、炎症による進行を抑えるために用いられます。 抗がん剤であるため一般的な薬より少し高額になる商品が多いです。 手術に関しても進行を少し戻す程度なので、一生のうちに何回も行う必要があります。保険もかかるため我慢せず手術や薬物療法を受けることが健康寿命を伸ばすことにもなるため、お勧めします。