Internal medicine

死亡原因

脳卒中は、現在、日本人の死亡原因の第3位となっている病気です。実際、1年間に日本では約13万人が亡くなっているといわれています。 そもそも脳卒中とは、脳の血管に起こる病気の総称のことです。病気の症状は大きく分けると、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などがあります。このような脳卒中が起きると、言語障害や体の麻痺など重い後遺症が残ることは少なくないです。また、脳の病気はいきなり意識を失って倒れることが多く、そのまま亡くなる例もあります。 脳卒中は、高血圧、糖尿病、肥満、家族に脳卒中になった経験がある人がいる場合、かかるリスクが高くなります。なので、予防をするには、脳ドックを定期的に受診することが大切です。

脳卒中の発症を予防するには、脳ドックを受ける事が大切です。脳ドックでは、脳動脈瘤、脳梗塞、脳腫瘍などの症状、また従来では検査できなかった無症候性脳梗塞も発見できます。 具体的にどのような検査を行うかというと、頭部MRIとMRAです。まず、頭部MRI検査では、脳内の状態、血管を精密に検査できます。あらゆる方向から診断できるので、脳腫瘍、脳梗塞などの病変を発見できます。 また、脳ドックのMRA検査は、脳内部の血管のみを立体的に映し出す検査です。血管の状態を精密にチェックできるので、脳の血管の狭窄や梗塞を発見できます。よって、くも膜下出血の恐れがないか、脳動脈瘤の有無などを診断できます。いずれも痛みもなく検査を受ける事ができます。