Internal medicine

患う人が増加

自分にあった漢方を探すのが大切です。

日本では年々、がんを患う人の数が上昇しています。 一度がんになると、精神的にも、肉体的にもとても厳しくなります。 特に、放射線治療などでも限界がある末期がんは為すすべが無くなってしまいます。 また、完治したとしても、転移や再発の可能性もあるため、安心はできないのががんなのです。 そこで、生活習慣の向上や改善のために、漢方を利用する人が増えています。 がんに有用とされる漢方は数多くあり、処方する人や考え方によっても様々です。 そのなかで、特に快適に利用するためには、継続が可能な金額や、飲みやすさなどが挙げられます。 また、体に合っていることも大切な要素です。 まずは信頼のおける医師に相談して、自分に合うものなのかを確認することが大切です。

価格は種類やがんの進行等によって違いがあります。

漢方の価格は使用する種類や、がんの進行度合いや種類によって違いがあります。 病気に応じた処方になるため、一般的な価格はまちまちです。 また、保険適用内での漢方もありますが、抗ガン作用のある漢方の多くは、 保険適用外になるため、通常よりも高くなる傾向にあります。 一般的には1か月、2〜3万円位が相場であり、進行がんの場合は4〜6万円位となります。 また、再発予防や、抗がん剤の副作用の軽減なども漢方で行うことができますが、 こちらも2〜3万円程度、1か月に必要になります。 漢方による治療は通常の治療より、高額になることが多いため、 始める前に継続が可能なのか、体に合うのかなど、担当の医師とよく相談してから始めると良いでしょう。